おやじ倶楽部

40代おやじの備忘録ブログ。

セキュリティ

http://oyaji-club.net

Web・インターネット 世間

サイバー攻撃から身を守る

投稿日:2017年2月22日 更新日:

こんにちわ、40代おやじ(@40oyaji_en)です。

インターネット普及やSNSの利用者が増加に伴い国内のネットワークに向けられたサイバー攻撃から、自分のPCなど通信機器を守る方法は4つをしっかりと実行しておくこと

  1. アンチウイルスソフトをインストール
  2. OS(WindowsやMac)のアップデートは確実に
  3. 危険なファイルやサイトには注意
  4. 複数のパスワードをしっかりと管理

アンチウイルスソフト

まず、パソコンには必ずアンチウイルスソフトをインストールしよう。アンチウイルスソフトは、パソコンに潜むウイルスを探し出して、除去してくれるという優れもの。アンチウイルスソフトなしに、ウイルス対策は始まりません。また、アンチウイルスソフトには、外部からの攻撃を防いだり、外部への不正なアクセスを防ぐファイヤーウォール機能、有害サイトを判定して知らせてくれる機能、個人情報漏洩防止機能などがついているものもある。

それぞれのアンチウイルスソフトウェアの機能を調べて、自分に必要なソフトウェアを選ぼう。

アンチウイルスソフトをインストールしたら、常に最新版に更新しておこう。攻撃者は、常に新しいウイルスを作り出している。それに対応するために、アンチウイルスソフトも常に最新版に更新しないといけない。更新を怠ると、せっかくのアンチウイルスソフトも、その機能を充分に発揮できなくなってしまう。

OS(WindowsやMac)

アンチウイルスソフト以外のソフトやOS(WindowsやMac)も同じように最新版に更新すること。OSやソフトには、攻撃の目標になる弱点(セキュリティホール)が存在することがある。弱点をなくした最新版に更新すれば、攻撃を受けにくくなる。自動的に最新版に更新してくれる、自動アップデート機能をONにしておくと忘れることなくアップデートしてくれる。

たまにしかパソコンを使うことのない方は、OSやソフトが古いままになっていることがある。そんなときは、手動で最新版に更新する。

危険なファイルやサイト

見知らぬ人から送られてきたメールに添付されたファイルや、メールに書かれていたURL。不用意に開かないことファイルにウイルスが潜んでいる可能性も。

最近、URLを短く表示する短縮URLがよく使われている。これはとても便利なサービスだけど、元のURLが分からないという危険もある。信用できる場合以外は、できるだけクリックしないように。

怪しいファイルは、開かずそのまま削除してしまうこと、ウェブサイトにアクセスするだけで感染するウイルスもあるので要注意。

複数のパスワード

ウェブのサービスに登録するときに必要なのが、IDとパスワード。他のサイトと同じものをつかわないこと。
名前や生年月日、abc、123などのわかりやすい文字列のパスワードにしないことはもちろんのこと、1つのパスワードを複数のサイトで使い回すのもやめておくこと。

もしも、そのパスワードが盗まれてしまったら、すべてのサイトにログインできてしまうことに。いちいち覚えておくのが面倒くさいのはわかりますがパスワードはそれぞれ別のものを使いパスワードは厳重に管理しよう。



縁くん
おやじ倶楽部ブログを最期まで、お読みいただきありがとうございました。



人気ランキング

ブロトピ:自分磨き日記~♪

スポンサー

スポンサー

-Web・インターネット, 世間
-,

Copyright© おやじ倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.