おやじ倶楽部

40代おやじの備忘録ブログ。

おやじ倶楽部

長崎駅に到着

投稿日:2016年11月28日 更新日:

私用でバタバタとしていてブログ更新ができていなかった。

40代おやじ(@40oyaji_en)です。

右往左往しながら新幹線や特急を乗り継いで、4時間35分の優雅な時間?を満喫しながら・・・

やっとJR九州の終点「長崎駅」に到着!駅に降り立ったその瞬間!!”びっくり”終点駅の為、その先に線路が続いていない!そして左右に続く線路もない!

関西出身の私たち二人には何もかも”びっくり”日頃、見る駅では線路が途切れることがないですから

改札口を目指し歩いているとまたもや...聞き慣れた大きな声が

あっ~!何あれ?カメラ出して!早く!早く!

一息つく間もなく大きな重いスポーツバックの中からカメラを手渡すと・・・一目散に目標物に駆け寄り撮影体制!

わたしが家内の撮影物に目をやるとそこには・・

春の長崎港まつりで使われる大きな「御朱印船」が展示されていました。

家内は、プロカメラマンのごとく被写体に寄ったり引いたりしながら撮影。

いくつものアングルから「御朱印船」「ながさきの駅看板」を撮影し本人が納得できたのか?

ヨシ!はいっ!

とわたしにカメラを預けてきました。(持って行ったのは、デジタルコンパクトカメラなんですけどね 笑)

長崎くんち

「長崎くんち」は長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭。

寛永11年(1634年)、二人の遊女が諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが長崎くんちの始まり。奉納踊には異国趣味のものが多く取り入れられ、江戸時代より豪華絢爛な祭礼として引き継がれている。奉納踊は、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。

<開催期間>10月7日・8日・9日
<場 所>諏訪神社(長崎市上西山町)、長崎市公会堂前広場(長崎市魚の町)、お旅所(長崎市元船町)、 八坂神社(長崎市鍛冶屋町)

その後、わたしたち二人は本来の目的である
仕事の打ち合わせに向かいました。

少し残念なことは「長崎くんち」に合わせて出張予定を立てればよかったな~

縁くん
おやじ倶楽部ブログを最期まで、お読みいただきありがとうございました。

ブロトピ:ブログ更新しました!

スポンサー

スポンサー

-
-, , ,

Copyright© おやじ倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.