おやじ倶楽部

40代おやじの備忘録ブログ。

ハート型の石

おやじ倶楽部

見つけると幸せになれる石-in 長崎-

投稿日:

40代おやじ(@40oyaji_en)と妻は眼鏡橋周辺の写真撮影を終えて、車に向かう途中・・運転手さんが足を止め 川の土手を指差しながら

運転手さん
この川の土手には昔の台風で壊れた橋や壁面の工事の際に埋め込まれたハート型の石が20個埋め込まれているんですよ。よく雑誌やテレビで紹介され、中でも代表的なのはこの橋の欄干(らんかん)の下にあるハート型の石なんです。
へぇ~
運転手さん
そのハート型の石を全て見つけるとハッピーになれるといわれていますが、今日は昨日の雨で川の水量も増していますし危険ですのでおりることはやめておきましょう。
残念やなぁ・・
40代おやじ
仕方ないわな
運転手さん
こちらにある銅像は、上野彦馬と坂本竜馬です。上野彦馬は、日本で最初のカメラマンと言われています。

上野彦馬と坂本竜馬

へぇ~ 。知ってた?

(妻が興味のないときの返事。日頃から妻は、興味があれば40代おやじ(@40oyaji_en)に聞いたり最近では、スマホで検索して確認しますが全く興味のない時は、空返事で答えるのでとてもわかりやすいです)

40代おやじ
知らなかったなぁ
運転手さん
学校では習うことがないですからね。

それでは、車に戻って次の場所に向かいましょう。

運転手さん!次はどこに向かうのですか?
運転手さん
出島ですね
出島??船乗るんですか?
運転手さん
船には乗りませんよ
船酔いするからちょっと心配になって
40代おやじ
(島=船と思った妻の天然ボケ)

上野彦馬

上野 彦馬(うえの ひこま、天保9年8月27日(1838年10月15日) - 明治37年(1904年)5月22日)は幕末期から明治時代にかけて活動した日本の写真家(写真師)。日本における最初期の写真家、日本最初の戦場カメラマン(従軍カメラマン)として知られる。
号は季渓。家紋は桔梗の二引。

坂本龍馬

坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日(1836年1月3日)- 慶応3年11月15日(1867年12月10日))は、日本の近世末期に活動した武士。土佐藩出身。

まとめ

ハートストーンの中でもハートの石の上にローマ字[i]の石が近くにある

アイ・ラブ・ユウ」のハート型の石が最も願いの叶うそうです。

彼女や奥さんと一緒に探し見るのもおすすめします。

最期まで、お読みいただきありがとうございました。

スポンサー

スポンサー

-
-, ,

Copyright© おやじ倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.