おやじ倶楽部

40代おやじの備忘録ブログ。

男飯

暑い季節に食べたくなる冷たい麺アレンジ

投稿日:2016年9月17日 更新日:

こんばんわ、織田 縁(@40oyaji_en)です。

暑い季節が近づき食欲がないときに、喉越しの良い冷たい麺が食べたくなってきませんか?私はこの時期になると、つけ麺やそうめんなどを食べたくなってきます。毎年、そうめんのアイデアレシピなどを検索しては、新しいレシピに挑戦したりしているんですよ。

中でもハマっているのが冷麺風の味付けをするそうめんです。盛付けた素麺の上にはピリ辛の韓国のり・味付けはとっても簡単で麺つゆの中にごま油やラー油などをプラスします。キムチ・いりごまを入れてピリ辛にするのもポイントです。

この簡単な組み合わせで冷麺のような味になるんですよ。今年は食べるラー油を使ったつけ麺風のそうめんが美味しいと聞いたので、挑戦してみようと思っています。楽しみです。

素麺(そうめん)について

小麦粉に食塩と水・を混ぜてよく練り、綿実油などの食用油を塗ってからよりをかけ引き延ばして乾燥、熟成させる。日本国内の発祥の地は奈良県桜井市とされており、奈良時代の唐から伝来された菓子の1つとされている。本来、素麺は慶弔の席で食されることが多い。また、祝食としては、九州地方で食べられる鯛素麺や広島県の婚礼に供される「鯛麺」、滋賀県長浜市を中心とした湖北地方で食べられる「焼鯖素麺」が有名。忌み事としては、通夜ふるまいや法事の斎席で「にゅうめん」が出される地方が見られる。

日本国内の素麺料理

  • 焼鯖素麺(滋賀県長浜市)
    焼き鯖をほぐして煮直してから和える。そうめんは鯖の煮汁で煮る。
  • 鯛素麺(瀬戸内地方)
    冷やしたそうめんにタイの煮物を添える。
  • ソーミンチャンプルー(沖縄県)
    固めに茹でた素麺を油でほぐし、ネギやニラ、ツナ缶、ベーコンなどの具とともに炒めたもの
  • 喜屋武そうめん(沖縄県南部)
    茹でた素麺に豚肉と鰹から取っただしを吸わせて食べる。

素麺のアレンジ料理は無限大!!

  • ジャージャー麺風
  • 冷やし担担麺風
  • 堅焼きそば風
  • 油そば風

などなど・・素麺の使い方は、「冷・温」をアイデアしだいで様々な料理にアレンジできますので、みなさんも一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

僕の名前は織田縁です

おやじ倶楽部ブログを最期まで、お読みいただきありがとうございました。

スポンサー

スポンサー

-男飯
-, ,

Copyright© おやじ倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.