おやじ倶楽部

40代おやじの備忘録ブログ。

首の筋肉の緊張をほぐして肩凝り・頭痛を解消

http://oyaji-club.net

健康・美容

首の筋肉の緊張をほぐして肩凝り・頭痛を解消

投稿日:

私たちの生活は常に前向きの姿勢をとることが多く、どうしても重心よりも頭が前に出てしまいがちです。

頭の位置が前方にあると、そのままの状態ではバランス崩して前に倒れてしまいますが、身体は倒れないように背筋や首の後ろの筋肉を使ってバランスを保とうとします。

パソコンやスマホなどを覗き込む姿勢、本を読む姿勢などを維持することは、首の後の筋肉が常に緊張している状態となり、それにより筋肉の柔軟性を低下させて血流が悪くなるため、肩凝りを引き起こす原因となっています。

またあまりにも筋肉が硬くなりすぎると肩凝りだけではなく、筋肉の緊張による頭痛を誘発(ゆうはつ)することもありますので注意が必要です。

今回は肩周辺の筋肉を効果的に伸ばすストレッチを2つご紹介いたします。

両手を上げて行うストレッチ方法

まずは頭の位置が前方に出過ぎないよう、その場で両手を上に上げます。耳の横に腕がくるような位置が理想ですが、肩に痛みのある方やこの位置まで腕あがらない方は無理をせずに、できる範囲で行いましょう。

その状態から、肩をすくめて降ろす動作を15回程度行います。肩甲骨(けんこうこつ)を上下に動かすつもりで行うと肩周りの筋肉が自然とほぐれます。

また前方に出ていた頭の位置が正しい位置に近づくようになります。

両手を後ろに手首を持ってするストレッチ方法

両手を後ろに(腰のあたり)し、左手で右手首を持ってい左側の方向へ引き寄せます。この時に首を同じく左方向に倒すようにすると右の首から肩かけて伸ばされた感じが実感できます。

呼吸は止めずにゆっくりと繰り返しながら、この姿勢を15秒程度保持します。反対側も同じく右手で左手首を持って右側の方向へ引き寄せ、首を右方向に倒すようにすると左の首から肩にかけてストレッチをすることができます。

左右を1セットとして、1日3セット行うようにすると首と肩周りの筋肉が自然とほぐれます。

このストレッチはいつでもどこでもどのような状況でも気軽にできますので、家事や仕事の合間に休憩がてら毎日行ってください。

お尻周りの筋肉の張りを解消し若々しい姿勢を保つために
お尻周りの筋肉の張りを解消し若々しい姿勢を保つために

立った姿勢(しせい)や座った姿勢を長時間続けていると、体の筋肉はこわばってしまい、とても窮屈(きゅうくつ)な感じを受けている人は多いと思います。 これが仕事などで普段から毎日のように同じ姿勢を取り続け ...

続きを見る

縁くん
おやじ倶楽部ブログを最期まで、お読みいただきありがとうございました。



人気ランキング

ブロトピ:自分磨き日記~♪

スポンサー

スポンサー

-健康・美容
-, ,

Copyright© おやじ倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.