おやじ倶楽部

40代おやじの備忘録ブログ。

障害年金の支給判定地域差改善へ4月から一元化

http://oyaji-club.net

ニュース

障害年金の支給判定地域差改善へ4月から一元化

投稿日:

公的年金の支給実務を担う日本年金機構は、これまで各都道府県の出先機関で行っていた障害年金の支給・不正支給判定を4月1日から「障害年金センター」(東京都新宿区)に一元化する。

地域によって判定に大きなバラつきがあったことから、一元化で改善を図りたい考え。

ただ、障害者からは「厳しい水準に揃えられてしまうのではないか」との懸念も出ている。

申請は従来通り、市町村役場や年金事務所で受付け、一般の人の手続きに変更はない。

障害年金は、原因となった病気や怪我の最初の受診日に加入していた制度によって、受け取れる種類が変ってくる。

今回一元化されるのは、多くの人が受け取れる障害基礎年金。現在は年金機構の都道府県事務センターから委託を受けた各地の医師(認定医)が単独で判定しており、個人の裁量で左右されてしまうという問題があった。

年金機構は一元化により、判断が難しいケースなど複数の認定医で審査する方針だが、通常は単独判定のままのため、バラつきがどこまで解消されるかは問題も残る。

東京への一元化では、首都圏で認定医をどれだけ確保できるかも課題だった。年金機構は約140人と契約する見通しで「必要数は確保できた」としている。

障害年金

ケガや病気が原因で精神や身体に障害をお持ちの方で、仕事をするとき、また、日常生活を送るうえで支障のある方に年金や一時金を支給する制度です。

  • 受給資格は、収入や財産など経済的な事情や家族構成なども考慮されません。
  • 障害状態が重いことだけで年金や一時金を支給する「福祉」的な制度でもありません。
  • 若年世代が主体の年金で老齢年金受給世代の支給には制約があります。

障害基礎年金

国民年金に加入している間に初診日(障害の原因となった病気やケガについて、初めて医師の診療を受けた日)のある病気やケガで、法令により定められた障害等級表(1級・2級)による障害の状態にある間は障害基礎年金が支給されます。

※平成28年4月分からの年金額(定額)
 975,125円(1級)
 780,100円(2級)

※18歳到達年度の末日までにある子(障害者は20歳未満)がいる場合は、子の人数によって加算が行われます。
※ 障害基礎年金を受けるためには、初診日の前日において、次のいずれかの要件を満たしていること(保険料納付要件)が必要です。

  1. 初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること
  2. 初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと

対象とされる傷病は?

  • 鼻腔機能の障害(臭覚脱失)
  • 精神の障害(人格障害、神経症)
  • 神経系統の障害(疼痛)
  • 呼吸器疾患による障害(加療による胸郭変形)
  • 肝疾患による障害(慢性肝疾患)
  • 高血圧症による障害(単なる高血圧だけ)



最大7社の見積もり比較!実績のある大手7社が見積もり査定するから、最高買取額がわかる!査定依頼はもちろん完全無料!!概算価格もネットで分かる

縁くん
おやじ倶楽部ブログを最期まで、お読みいただきありがとうございました。



人気ランキング

ブロトピ:自分磨き日記~♪

スポンサー

スポンサー

-ニュース
-,

Copyright© おやじ倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.