おやじ倶楽部

40代おやじの備忘録ブログ。

知育アプリ

http://oyaji-club.net

ニュース 世間

1歳児の4割が”ぐずる”とスマホでご機嫌

投稿日:

こんにちわ

40代おやじ(@40oyaji_en)です。

IT大手ヤフーなどが参加する「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」(座長・坂元章 お茶の水女子大学教授)は、未就学児の保護者を対象にした調査で、1歳児の約4割、3歳児の約6割に、スマートフォンなどの情報通信機器の利用経験があったとする結果をまとめた。

0~2歳は「機器内の写真や動画の閲覧」、3~6歳は「ネットで動画閲覧」「ゲーム」「知育アプリ」の利用が目立ち、使わせている理由は「機嫌が良く(喜ぶ)なるから」が最も多かった。

研究会は情報通信機器利用の低年齢化が進んでいると分析。「調査結果を踏まえ、未就学児のネット利用について、保護者に役立つ情報を提供したい」としている。

調査は2016年10月、インターネットを通じて実施。第一子に6歳までの子供を持つ全国の保護者が協力した。1149件の有効回答があった。

調査によると、0歳の21.8%、1歳の41.8%、3歳の60.3%、6歳の74.2%にスマホなどの情報通信機器の利用経験があった。

スマホなどを利用したことのある子どもについて、利用をはじめた年齢を聞いたところ
、2歳が最も多く、約8割の子供が3歳までに始めていた。約半数が「毎日必ず」か「ほぼ毎日」利用と回答した。

子どもたちのインターネット利用について考える研究会(子どもネット研)

ヤフー株式会社とネットスター株式会社が共同で設立した研究会である。子供たちをインターネットの危険から守るべく、リスク(防犯)教育や調査研究を実施するために設立。

一般家庭へのインターネットの急速な普及に加え、掲示板サイトやソーシャルネットワークサービス(SNS)サイトに代表される双方向利用型ウェブサイトの急増に伴い、子どもたちなど情報リテラシが十分でないままインターネットや携帯電話を日常的に使う利用者が、インターネット利用に関連したさまざまなトラブルの被害者・加害者となる事例が報告されるようになっています。

その一方で、第一の教育当事者であるべき保護者には、判断の指標となる経験・情報ともが特に少なく、支援も不十分なのが現状です。それぞれ子どもたちに関わる専門の立場から、子どもたちの置かれている現状や課題の情報を共有し、共同、連携して、これからのインターネット時代のために、家庭や学校でどのようにリスク(防犯)教育を進めていくべきか、また、インターネットを利用しサービスを提供している事業体は子どもたちが利用する可能性があるサービスについてどのように設計しこれに関与していくべきなのかなど広く次世代を担う子どもたちのインターネット利用を促進するための諸施策について考察し、具体的な形で取組みを提唱する場として、2008年4月24日に設立。



最大7社の見積もり比較!実績のある大手7社が見積もり査定するから、最高買取額がわかる!査定依頼はもちろん完全無料!!概算価格もネットで分かる

縁くん
おやじ倶楽部ブログを最期まで、お読みいただきありがとうございました。



人気ランキング

ブロトピ:自分磨き日記~♪

スポンサー

スポンサー

-ニュース, 世間
-,

Copyright© おやじ倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.