おやじ倶楽部

40代おやじの備忘録ブログ。

ニュース 世間

自動車の任意保険事故減り来年から1割値下げ

投稿日:2017年2月21日 更新日:

こんにちは、40代おやじ(@40oyaji_en)です。

任意で加入する自動車保険の保険料が、2018年から1割ほど安くなる見通しになった。交通事故の減少を受け、保険料を決める基準が今春、14年ぶりに引き下げられる方向。これを受けて損保各社も保険料を値下げする見込。

自動車保険料
損保各社が自動車保険料を値下げへ

こんばんわ、40代おやじ(@40oyaji_en)です。 損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構が、任意保険の自動車保険の保険料を決める際の目安となる「参考純率」を8~9%程度引き下げる方向で最終調 ...

続きを見る

自賠責保険は平均6.9%引き下げ4月から

自動車の安全性向上などで事故が減っているため、損保各社でつくる損害保険料率算出機構は、車種や保険の種類ごとに決めている保険料の
基準「参考純率」を平均8%ほど引き下げる方向で検討しており、5月までに正式に決める。

損保各社は、参考純率に経費を加えて保険料を決めており、例えば乗用車なら、年7万5千円ほどの保険料が7千円ほど安くなる見通し。

警察庁の資料によると、人身事故の件数は、ピークだった04年の約95万件から15年には約54万件まで減少。損保各社の保険金支払いも減る傾向にある。17年度には、業界全体の自動車保険の保険金支払いが、保険料収入を1割超下回る見通しになっている。

法律で加入が義務づけられている自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は、今年4月に平均6・9%安くなることが決まっている。

また、同機構は今回の値下げとは別に、自動ブレーキを搭載した車の参考純率を18年から9%割り引くことを決めている。
乗用車の1~2割を占める自動ブレーキ搭載車は、さらにぐっと保険料が安くなりそうです。



最大7社の見積もり比較!実績のある大手7社が見積もり査定するから、最高買取額がわかる!査定依頼はもちろん完全無料!!概算価格もネットで分かる

縁くん
おやじ倶楽部ブログを最期まで、お読みいただきありがとうございました。



人気ランキング

ブロトピ:自分磨き日記~♪

スポンサー

スポンサー

-ニュース, 世間
-, , ,

Copyright© おやじ倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.