おやじ倶楽部

40代おやじの備忘録ブログ。

世間

特殊詐欺被害額406億円

投稿日:

こんにちわ、40代おやじ(@40oyaji_en)です。

「おれおれ詐欺」などの特殊詐欺の被害額は昨年1年間に406億3000万円で、前年度より75億7000万円(15.7%)減ったことが、警視庁(暫定値)のまとめでわかった。減少は2年連続。2004年の統計開始以降で最悪だった14年の565億5000万円と比べ、約160億円減った。

被害届に基づく認知件数は未遂のものを含めると1万4151件で、前年よりも327件(2.4%)増え、警察庁の担当者は「依然高水準であり、引続き取り締まりを強化する」と話している。

「医療費の払い戻しがある」などと高齢者を騙し、電話で現金自動預払機(ATM)の操作を指示して、現金を振り込ませる「還付金詐欺」が3682件で、前年より1306件(55.0%)の急増となった。被害総額も42億6000万円(67.4%)増えた。

最も多い手口としては、子供や孫などを装う「おれおれ詐欺」の5737件で91件減少。被害額も最多の166億円で9億1000万円減。全体で見た1件当たりの被害総額は、70万5000円少ない306万9000円。

お金を騙し取られる形態では、有料サイト利用料金名目の架空請求などの電子マネーの被害が増加傾向にある。

都道府県別の被害件数を既遂(きすい)のみで見ると、最多は東京1838件。大阪1560件が続き、千葉と神奈川も1000件を超えている。

被害額は大阪の52億5000万円(10億8000万円増)や神奈川の46億1000万円(5億7000円増)愛知県など大都市での増加したのに対し、秋田県や岐阜県など8道県で5~7割減。

摘発人数は前年より94人少ない2412人。

特殊詐欺の種類

特殊詐欺とは、これまで被害の多かったオレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺等の「振り込め詐欺」に加え、平成24年から増加している金融商品等取引名目の詐欺、ギャンブル必勝法情報提供名目の詐欺、異性との交際あっせん名目の詐欺、それ以外の特殊詐欺の8類型を総称しています。

振り込め詐欺

「オレオレ詐欺」、「還付金等詐欺」、「融資保証金詐欺」、「架空請求詐欺」

振り込め詐欺類似詐欺

「金融商品等取引」、「ギャンブル必勝法」、「異性交際斡旋」、「個人情報の削除」、「マイナンバー制度」、「オリンピックの開催」、「義援金や寄付」、「電子マネーの購入」、「電力自由化」「その他(ダイヤモンド購入等)」

まとめ

自分だけは、詐欺には合わないという方が詐欺には合っている傾向です。いつ自分が詐欺には合うかもしれないと常に心掛け不審な電話・メールなどが届いたら恥ずかしがらずに必ず誰かに相談しましょう。



スポンサー

スポンサー

-世間
-

Copyright© おやじ倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.