おやじ倶楽部

40代おやじの備忘録ブログ。

交通事故

http://oyaji-club.net

ニュース 世間

死亡事故率2倍!75歳以上のドライバー原因は操作ミス

投稿日:

こんにちわ

40代おやじ(@40oyaji_en)です。

2015年に起きた75歳以上のドライバーによる死亡事故のうち、アクセルとブレーキの踏み間違えやブレーキペダルやハンドル操作のミスが原因となった事故の割合が、75歳未満の約2倍に上回ったことが、警視庁の分析で分かった。

身体能力の低下が原因とみられる。

一方、夜間や人口密集地での事故は比較的少なく、衰えを伴う形でこうした危険な時間帯や場所などを避けるような運転行動もうかがわれた。

全体の死亡事故は年々減少傾向にある中、75歳以上は横ばいの400件台で推移し、割合は上昇傾向にある。

警視庁は、2017年1月16日開催の有識者会議で分析結果を提示。高齢運転者対策を幅広く検討し、6月をめどに提言をまとめている。

2015年の死亡事故は全体で3585件。うち75歳未満が3127件、75歳以上は12.8%にあたる458件で、警視庁が事故内容を比較分析した。

原因別で、75歳未満の操作ミスは468件の15%だったのに対し、75歳以上だと134件の29%に達した。

ペダルの踏み間違いが原因の死亡事故は同年までの5年間で226件あり、うち75歳以上が約半数、65歳以上だと8割近くに上がった。

事故の状況を見ると、75歳以上では、歩行者に対する事故は15%と25ポイントも低かったが、電柱など工作物衝突や道路の外に飛び出す路外逸脱の単独事故は倍近い39%。

車両同士の事故は5ポイント高い44%で、中でも出合い頭や正面衝突は高齢になるほど高まる傾向があった。

高齢者ドライバー
改正道交法で認知症診断を義務化。受診者急増に懸念

お早うございます 40代おやじ(@40oyaji_en)です。 高齢ドライバーの認知症対策を強化した改正道路交通法が2017年3月12日より施行され、医師の診断が義務づけられる人が一気に増える。 安全 ...

続きを見る

マイメロ

縁くん
おやじ倶楽部ブログを最期まで、お読みいただきありがとうございました。



人気ランキング

ブロトピ:自分磨き日記~♪

スポンサー

スポンサー

-ニュース, 世間
-,

Copyright© おやじ倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.