おやじ倶楽部

40代おやじの備忘録ブログ。

岩手県仮設住宅

http://oyaji-club.net

ニュース 世間

仮設住宅での避難者3.5万人

投稿日:

こんにちわ

40代おやじ(@40oyaji_en)です。

東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から11日で6年目を迎える。

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響を受で、プレハブ住宅で暮らす避難者は1月末現在、岩手、宮城、福島の3県で計3万5503人に上る。

5年前の2012年1月に比べ7割減、戸数は計1万7592戸で6割減となった。一方、住人の高齢化が進み、コミュニティー機能の低下による孤独死も懸念されている。

岩手県山田町の小規模な仮設住宅団地。約15人が暮らすプレハブ住宅は訪れる人もまばらだ。住人の女性は「1人暮らしの高齢者がほとんどで、去年はお金を出し合い草むしりを業者に手伝ってもらった」と語る。

悩みの種は健康問題で、「周りと交流のない人もいる。夜中に体調が変わることもある」と気をもむ。

住人のうち65歳以上の高齢者が占める割合は、岩手が30.9%(1月末時点)、宮城30%(1月末時点)、福島42.9%(16年1月末時点)。岩手は県全体の高齢化率とほぼ同じだが、福島県生活拠点課は「自宅を建て直す意欲を失った高齢者が残りがちだ」と話す。

警察庁によると、3県では16年末までに、仮説で1人暮らしをしていた避難者230人が死亡。その58.3%に当たる134人が65歳以上だった。

仮設住宅は老朽化(ろうきゅうか)が進む上、密集する長屋構造は火災に弱い。

福島県いわき市では2016年10月、4棟19戸が全焼する家事が発生。自宅が焼け、空き家部屋に移った男性は「あっという間に燃え上がった。ここには消火器があっても使えない」と声を落とした。

孤独な高齢者
災害公営住宅の入居者の内65歳以上が4割

こんばんわ 40代おやじ(@40oyaji_en)です。 東日本大震災の被害にあった岩手、宮城、福島の3県の災害公営住宅で、65歳以上の入居者が40.3%を占めることが2017年3月1日に分かった。 ...

続きを見る

福島県の内堀雅雄(52歳)知事は「丸6年の避難生活は極めて長い」と指摘するが、仮設住宅解消の時期は示せていない。

福島第1原発のある双葉、大熊両町や浪江町の一などで、避難指示の解除時期にめどが立たないためだ。

福島大学の鈴木典夫教授(地域福祉)は「仮設住宅は10~30代が少なく70代が主力の場所も多い、いびつなコミュニティー」と指摘。住人が減る中、「相互チェックができず異変に気づきにくくなる。生活支援相談を常駐させ、話を聞くなどの対策」が必要だと話す。

東日本大震災5周年追悼式
東日本大震災 きょう3.11で6年目 避難者なお12万人

こんにちわ 40代おやじ(@40oyaji_en)です。 東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から11日で6年目を迎える。 復興庁によると、避難者はこの一年で約5万人減少したもの ...

続きを見る

ジョブセンス

縁くん
おやじ倶楽部ブログを最期まで、お読みいただきありがとうございました。

ブロトピ:自分磨き日記~♪

スポンサー

スポンサー

-ニュース, 世間
-, ,

Copyright© おやじ倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.