おやじ倶楽部

40代おやじの備忘録ブログ。

ニュース 世間

がん患者10年生存率58.5%

投稿日:

こんにちわ、40代おやじ(@40oyaji_en)です。

国立がん研究センターは2017年2月16日付で、がん患者が10年後に同じ年齢、性別の人に比べてどれだけ生存しているかを示す「10年相対生存率」について、最新の集計結果を58.5%と発表。

昨年に続き2回目の集計で、0.3%増とほぼ横ばい。5年後の生存率(63.8%)から低下幅は5.3ポイントだった。

全国がん(成人病)センター協議会に加盟する32施設のうち、条件を満たす20施設で2000年~2003年に診断、治療を受けた患者4万5359人の情報を集計した。

部位別
・前立腺がん(94.5%)
・乳がん  (81.7%)
・大腸がん (69.2%)
・胃がん  (69.2%)
・肺がん  (32.6%)
・肝臓がん (16.4%)
・膵臓がん ( 5.1%)
などとなっている

5年相対生存率も最新の集計結果を公表した。2006年~2008年に32施設で診断、治療を受けた12万1263人が対象で、69.4%だった。

治療法の進歩で1997年時点から徐々に改善しているという。

研究班の猿木信裕(群馬県衛生環境研究所所長)は10年生存率で条件を満たさない施設が多かった。

患者追跡調査が不十分で、正確なデータを算出するためにも国などがサポートする仕組みが必要だと訴えた。

全国がん(成人病)センター協議会

全国がん(成人病)センター協議会(通称「全がん協」)は、昭和40年に発足した「全国がん(成人病)センター連絡懇談会」を母体とし、構成施設の緊密な協力により、わが国のがん予防、診断および治療等の向上に資することを目的として、昭和48年に設立されました。

構成施設の緊密な協力により、日本国内のがん予防、診断および治療等の向上に資することを目的として、がん予防、診断および治療等の向上に必要な諸問題の調査および研究。施設運営上の諸問題に関する調査および研究。必要な出版物の刊行ならびに講演会等の開催。そのほか、目的達成の事業。

加盟施設一覧

北海道がんセンター
青森県立中央病院
岩手県立中央病院
宮城県立がんセンター
山形県立中央病院
茨城県立中央病院
栃木県立がんセンター
群馬県立がんセンター
埼玉県立がんセンター
国立がん研究センター東病院
千葉県がんセンター
国立がん研究センター中央病院
がん研有明病院
都立駒込病院
神奈川県立がんセンター
新潟県立がんセンター新潟病院
富山県立中央病院
石川県立中央病院
福井県立病院
静岡県立静岡がんセンター
愛知県がんセンター
名古屋医療センター
滋賀県立成人病センター
大阪医療センター
大阪府立成人病センター
兵庫県立がんセンター
呉医療センター・中国がんセンター
山口県立総合医療センター
四国がんセンター
九州がんセンター
佐賀県医療センター好生館
大分県立病院

保険アドバイザーズ

僕の名前は織田縁です

おやじ倶楽部ブログを最期まで、お読みいただきありがとうございました。



人気ランキング

ブロトピ:自分磨き日記~♪

スポンサー

スポンサー

-ニュース, 世間
-,

Copyright© おやじ倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.